【初期システム】投資法

投資を継続して行うには、ストレスを感じることなく、自分の感情に左右されずにリスクを限定できる方法であるべきと考えました。

私はこれまで、ザラ場中での取引を行ってきましたが、実際に相場を経験した結果、相場が思惑通りになればいいのですが、予想とは逆方向に動いてしまった場合に、なかなか損切りができず、根拠もなく予想した通りに相場は動くと勝手に思い込み、さらに相場は予想と逆方向に動きマイナスが膨らむといったケースを何度となく経験しました。そのときのストレスは味わったことのある方でないと絶対にわからない壮絶なものでした。

そこで、ストレスなく感情に流されることなくリスクを最低限に取引が出来ないかという思いで今回の投資手法を考え出しました。

●投資法

1、基本的にその日の寄付きで仕掛ける。
2、その日の大引けで決済を行う。
※利益確定値、損切り値なし。

非常にシンプルなものです。(誰が取引をしても結果は同じです)

●問題点の解決

1、ストレス(寄付き⇒大引け決済のため相場を監視する必要がなく場中に相場の動きを考える必要がない。)

2、感情による値動きの判断(検証データを元にシステムが相場の予想をするため自分で考える必要がない。)

3、リスク(取引はデイトレードのため次の日への持越しがなくリスクは限定的である。)
[ 2007/02/12 18:23 ] 【初期システム】投資法 | TB(0) | CM(1)